イマジン美容室

店主ブログ


2019.06.14

怒ってます

年金の老後2,000万円問題がややこしい。

 

金融庁の報告書によると、高齢夫婦無職世帯において、今後30年間で約2,000万円が足りなくなるというもの。

 

金融庁としては、国民のお金を投資に回すことを促進させる目的とした報告であったと聞く。

 

しかし、国民からバッシングが相次ぎ、政府はその報告書を受け取らないときた。

 

さらに報告書を作成した職員に責任を押し付け、その職員も「まったく根拠のないもので反省しています」と語った。

 

政府の思惑で作成したものが、国民の反発により、有るものを無いものにしてしまう政府は、いったいなんなのか?と思ってしまう。

 

全ての責任は、その組織のトップであるはずが、部下に責任を押し付ける。

 

今後ますます忖度が加速するだろう。

 

ぼくのところは小さな組織だけど、全ての責任はぼくにある。

今後もそれは同じ。


2019.06.13

尊敬する社長の言葉を聞いて。

「諦めない先にゴールはある。」苦しいレースだった。

 

先日、セントレアでのironman JAPAN70.3に参加した。

 

男子は約1500人が参加その中から20人が9月にニースで行われる世界選手権の出場する権利を獲得できる。

 

 

当日は雨!、気温は18度程度、スイム1.8キロ。

 

何とか泳ぎ切って陸に上がると物凄く寒い!バイクに乗ると更に寒くて震えが止まらない!雨は降り続けている。

 

落車やリタイヤが目につく!俺も、もう良いかと何度も思った。

脊柱管狭窄だし足は痺れているのにここまで頑張ったから良いだろう!と考えた!

でも何とか90キロ走り切ってバイクは終了した。そしてラン21キロのスタート。

 

雨は降り続ていた。身体が冷え切っている中走ると異常に筋肉が張って痛みすら感じる。

 

手の平はムラサキ色になってくる。もう諦めようと思った。途中で目標タイムから大きく遅れているからどうせスロット取れないからリタイヤしょうか!と思ったりした。

 

でも何とふらふらしながらゴール!結果はエイジで4位!何とか世界選手権出場の権利を獲得出た。

 

俺は思った!諦めるのも、諦めないのも、止まるのも、止まらないのも、逃げるのも、逃げないのも自分が決めているのだと!人生は自分次第。皆んな!そうだろ?(笑)

 

これは息子の社長の言葉です。

 

美容室のブログとまったく関係ない話だが、職業を超えて、人間の想いの強さが奇跡を生むことを体現している。

 

美容も技術はもちろん大事だが、自分に負けない人間性がもっと大事だと思う。

 

強い自分が人に優しくできると思っている。

 

イマジンも少しずつお客様のために成長していきます。


2019.06.12

いろんな◯◯宣言!

ぼくの息子の社長のことは何回も紹介していると思うが、2日前にぼくの知り合いで、数店舗の美容室のオーナーをやっている友人が、関西で社長の勉強会に参加した。

 

 

月曜日に勉強会があって、ぼくも誘われたが、今回は断った。

 

勉強会後の懇親会で、いろんな話をしたらしい。

 

さっそくやる気になった彼は、まず緩んだ体型をダイエットするため、毎日走る宣言をした。あとは禁酒も…

 

魔法みたいに一発で変わったりすることはないから、コツコツと毎日やり続けるしかない。

 

違う友人だけど、禁酒、禁煙、禁欲(なんの欲かわからない)の三禁を声高らかに宣言し、3日できれいに挫折したばかりだ。

 

野球のイチロー曰く、「小さいことを積み重ねることが、とんでもない所へ行くただひとつの道です。」

 

人間は感動したり、共感したりして、明日から何かを始めようとするが、そのモチベーションを維持させるのが至難の技。

 

ぼくもそういう自分を知っているので、とにかく小さいことの積み重ねで、だんだんと自分の意志を鍛えてる。

 

まぁいいや…から、もうちょっとだけ前に行こう!から、こんなのチョロいよ。というぐあいに強くしていく。

 

カッコイイこと言ってるが、自分だけ継続して、他の奴は脱落してしまえ!と思ってしまう最低の自分がここにいます 笑


2019.06.11

頼まれごとは試されごと

最近いろんな人から頼まれごとが多くなった。

 

仕事を紹介してほしい。友達に女性を紹介してほしい。商売するので空き店舗を紹介してほしい。などなど…その他3つ4つ。

 

ぼくは仲介屋じゃないんだけど、今までもいろんな人を繋いだり、人数合わせの人集めや、海外の弁護士の紹介、それこそ選挙だったりと、人に頼まれると、たいがいのことはやってきた。

 

 

ぼくも困っているとき力を貸してくれる人がいて、本当に助かったことがある。

だからぼくもなるべく困った人の役に立ちたいと思う。

 

“頼まれごとは試されごと”という言葉が、ある。

 

ぼくの親父も人のために自らを犠牲にしながら尽くしていた。

当時のぼくは「また始まった!」とばかり、いわば病気だと思ってた。

 

親父が亡くなってはや17年。今ぼくは同じことをしている 笑

 

 

 


2019.06.10

影響はまた影響を与えていく

ぼくの尊敬する息子の会社の社長が、トライアスロンの大会で年齢別で4位になった。

 

それと同時に世界大会の切符も掴んだ。

 

寒くて苦しいレースでリタイアしたかったが、踏ん張ってこの結果を出したと聞く。

 

彼に影響された人は数知れず、ぼくもその一人。

自分の弱みをさらけ出して、そして目標を見つけチャレンジする。

 

数多くの影響された人にまた影響を与えるため、彼は自分一人のためじゃなく走り続ける。

 

合理的な考えが良しとする時代に、泥臭く地道にやり続けることで、大きな渦を起こしている。

 

アホさも人一倍、頑張りも人一倍。車の運転も前進はバリバリ、バックは素人以下。

この偏った人間性に惚れる人たちが多い。

 

だからぼくも今、彼の1,000分の一かもしれないが999分の一から始まって今後肩を並べたいと思う。

 

 

 


2019.06.09

無題

今日は母親の鼻血が止まらなくて、救急外来に行った。

 

79歳の高齢で、目からも出血したから焦っちゃったのです。

 

たかが鼻血だけど、ぼくも中学生の時に一晩中鼻血が止まらなくて、救急車を呼んだことがある。

 

かなりの出血だったので、夏なのに寒気がして身体に力が入らなかった。

 

病院に行ったら、かなり血が少なくなっていると言われた。

 

母親の出血はおさまったが、心配性なのでいちいち呼ばれる 笑

 

この歳まで頑張った母に今後、少しでも安心してもらえるよう、しっかりしなくてはと思う今日このごろです。


2019.06.08

美女と野獣

南海キャンディーズの山ちゃんと蒼井優の結婚会見はびっくりだった!

 

山ちゃんといえば、どちらかといえばモテないイメージ。反対に蒼井優はモテ系で魔性の女のイメージ。

 

この正対するイメージの2人が結婚したことは、世の中のモテない男性にとって勇気を与えてくれる会見だった。

 

山ちゃんは非常に頭の回転が良く、番組の司会はもちろん、声優やナレーター、ラジオパーソナリティーなど、得意の滑舌を活かした小気味の良さがいい。吉本所属である。

 

昔、吉本のスカウトマンが言っていた言葉を思い出した。

 

「売れる芸人はどこかに品がある」という持論を持っていた。

 

さんまやナインティナイン、ダウンタウンなど、このスカウトマンは彼らが若い頃からそれを見抜いていた。

 

ぼくもこのスカウトマンの話を聞いてからTVに出てる芸人をそういう目で見てた。

 

品てなんだろう?

 

ぼくが思うにデリカシーかと思う。

周りにさりげない気をつかえること、自慢をせず人を盛り立てる。凛とした立ち振る舞いもそうだが、どんなことにも動じない強さ、平常心も大事だと思う。

 

ぼくもそんな人間になりたい。

 

 

 

 


2019.06.07

ノスタルジー漂う昭和のお店でナンバーワン

今日の昼食は、自宅の近くにある食堂に行った。

 

毎日ジョギングをしている通り道にある。

 

昔オープンしたばかりの頃は、いつもお客さんがいたイメージで、ぼくも小学生の時何度か来たことがある。

あれから40年以上経った今、この店にお客さんが居たのを見たことがない。

 

 

内装も当時のままで、昭和のドライブインという感じ。

 

ハンバーグ定食を注文。家庭で食べるようなほっこりした味だった。

 

これからちょくちょくこの店に来て、メニューを制覇しようと思う。

 

そしたらぼくは、このお店にとっての一番の客になれる 笑


2019.06.06

何でもいいから日本一


世の中にはいろんな日本一がいる。

 

しょーもない日本一もいるが、それでも凄い!なんせ日本一なのだから。

 

ぼくも18年前から居合という武道をやっていて全国で準優勝したことがある。

 

でも日本一はとても遠く感じた。

 

なんで日本一かというと、日本で一番だからだ。

 

「2番じゃだめなんですか?」という人もいるが、オリンピックでも誰もが一番を目指す。

 

ぼくも何の取り柄もないが、頑張ることを諦めないことが大事だと思っている。

 

お客様の満足度やスタッフが働いてみたい日本一を目指していく。

 

 


2019.06.05

元農水次官による長男殺害事件の一考察

元農水次官の長男殺害事件は、親として子供を犯罪者にしたくないという、歪な感情からもたらされた痛ましい事件でした。

 

 

親がエリートでありながら、BSE問題により失脚したところから事件の背景は続いている。

 

優越感から失望感へと落とされた長男は、以後家庭内暴力を繰り返し、制御できない思考へと変わっていった。

 

親がどうあれ、環境がどうあれ、この世に生を受けた以上は自立すべきだと思う。

 

動物だって、ある一定の期間が過ぎれば自分で獲物を獲るのが当たり前。

 

親にいつまでも寄生して、食事を与えてもらってるなんぞ1万年経っても自立出来ないと思う。

 

自分が悪ければ謝る、改心する。すべて自分の責任としてとらえなければ「親が何とかしてくれる」なんて甘っちょろい考えが人間をダメにする。

 

過激な意見になってしまったが、誰にでも挫折やトラブルはある。でもそれを乗り越えたときに成長がある。

 

修行中、ぼくも反社会的な人たちとどっぷり付き合っていたとき、当然のようにトラブルに巻き込まれる。それも複数の…

時には命の危険も…

 

そんな状況のなか、じいちゃんから手紙が来た。何も知らないはずなのに、以心伝心なのか、「環境はどうあれ自分を強く持ち、仕事に邁進しなさい」と励ましの手紙に、ぼくはハッとした。

 

環境に流され、自分の考えが萎縮してしまい、まうダメだ!などと弱気になっている自分がいた。

 

その後は、そういう人たちと手を切り、仕事に邁進するようになってから人生が大きく変わった。

 

 

大事なのは主体性。何事にも負けない信念(自分を信じる)を維持すること。時にはヘコむこともありながら、しぶとく、あきらめず、肯定的な言葉を使いながら登っていく。

中島みゆきの歌、「ファイト」で、「闘う君の唄を闘わない奴等が笑うだろう、ファイト!冷たい水のなかを震えながら登ってゆけ」という歌詞がぼくは好きだ。

 

過ぎてしまったことは戻れないが、元農水次官の事件を思いながら、亡くなった長男も、ほんの少しだけでも打ち明ける仲間がいたらとか、自分に対してあきらめない気持ちがあったらと残念でしかたがない。


contact

INFORMATION

2019.04.28

贈る言葉

2019.02.01

定休日のお知らせです

ポイントカードについて

税込のお支払金額100円ごとに5ポイントが付きます。たまったポイントは次回のお会計時から、1ポイント=1円としてお支払いに使えます。

使えるポイントには上限があり、お支払い金額に対して最大半分までになります。

イマジングループ内であれば、どの店舗でもご利用いただけます。有効期限はございませんが、ヘアケア商品にはご利用いただけません。